ムチムチの地(無知無知の知)

人生について一度立ち止まって、考えられる場所にしていきたい。

名言と解釈 ~哲学の祖ソクラテス~

自分自身が無知であることを

知っている人間は、

自分自身が無知であることを

知らない人間より賢い。

 

ãã½ã¯ã©ãã¹ ç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

前回予告しておりました、名言と解釈を書いていくコーナー!

mutimutinoti.hatenablog.com

 

第一回目は哲学の祖、ソクラテスです。

 

古代のアテネで生まれ、様々な人たちに問答をし、巫女さんから一番賢いと言われます。しかし、それに納得できず、世にいう賢人たちに質問をしに行きます。ところがその人たちはわかったつもりなだけで、どうにも答えは的を得ない。

そこで悟ったのが冒頭の言葉。

 

知ったつもりで進歩を止めた人よりも、無知を自覚して問い続ける人のほうが賢いと。

 

このブログの名前の由来としていただいた無知の知 はこの人の思想ですね。

そんなわけで一回目として選ばせていただきました。

 

僕も実感する無知の知の大切さ。現状に満足せず、学び続けること。

学べば学ぶほどに自分が無知だと気づかされます(笑)

でもそれがまた新しい勉強へのモチベーションになるわけです。

 

まじでこの人の言葉は深いし好きです。ではいくつかご紹介と解釈を!

 

一番小さなことでも満足できる人が

一番裕福である。

何故なら満足を感じることが

自然が与えてくれる富だからだ。

 

富は金や物じゃないんですよね。現在の資本主義にも激しく通じる気がします。

いくら年収があっても幸福でない人はいます。どれだけ物に囲まれて、ぜいたくな暮らしをしても、人と比べてしまい、満足できない人はいます。

 

過去と比べて豊かになったはずの現代社会。それでも自殺や鬱は社会問題です。

 

大切なのは今に感謝し、満足することだと思います。

毎日ご飯が食べれるだけでも、水が手に入るだけでも十分に裕福だと思います。

 

満足を知らない人は、決して裕福にはなれないんですよね。

 

本をよく読むことで

自分を成長させていきなさい。

本は著者がとても苦労して

身に付けたことを、

たやすく手に入れさせてくれるのだ。

 

読書好きの俺得な名言です。

本は著者の人生からひねり出された教訓が詰まっています。

個人的には時の試練を乗り越えてきた名作たちは、やっぱり読むべきかなーと。

(僕もまだまだ読めてないですが)

 

新しいものだけじゃなくて両方をみて視野を広げていきたい。

宗教の修行者や哲学者、小説家たちが何年もかけて紡いだものを、数日で読めるんですから。

 

余談ですが、ついこないだネットフリックスでワンピースの空島編を見返してた時の、ロビンのこの言葉にはしびれましたね(笑)

ãã­ãã³ã空島ãæãèãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ãã­ãã³ã空島ãæãèãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

加えてもう一つソクラテスの言葉を。

良い本を読まない人は、

字の読めない人と等しい。

 

皆さん、本、読みましょう!(笑)

 

 

世界を動かそうと思ったら、
まず自分自身を動かせ。 

 

結局変えられるのは自分だけです。動かそうと思って動くのは自分だけです。

コントロールできないものをどうにかしようと、苦悩したってなにも動きません。

 

何をするにしたって、自分のできることに目を向け、最善を尽くすしかないんです。

僕はそう思います。

 

金持ちがどんなに

その富を自慢しているとしても、

彼がその富をどんなふうに使うかが判るまで、

彼をほめてはいけない。

 

お金は手段であって目的ではない。

お金を稼いでいるから正しいとか、偉いとかではないはずです。

 

お金があるから何をしてもいいのか。それは違うと思います。

 

お金は、人が幸せになるための一つの手段です。

資本主義においては必要なものですが、あるからどうなるというものでもありません。

どう使うか。それが重要だなあ。

 

一番大切なことは、

単に生きることではなく、

善く生きることである。

 

 

最後にこの言葉を。

ただ生きるのではなく、自分がどうしたら善く生きられるのか考えたい。

 

ソクラテスは無罪の罪で死刑を言い渡されましたが、最後まで自分の生き方、考え方を貫きました。

 

単に生きのこるのではなく、自分が本当に善いと思ったものは曲げなかった。

たとえ死ぬことになっても。

 

 そんな信念を見つけたいですね。

 

第一回はこれにて終わります!

哲学についてはまたどしどし書きたいなー。

というわけで参考資料てきなやつです。

 

名言の引用元

http://iyashitour.com/

 

若い読者のための哲学史 (Yale University Press Little Histor)

若い読者のための哲学史 (Yale University Press Little Histor)

 

 たくさんの思想を関連した項目からわかりやすく40章でまとめてくれてます!

 

ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙

ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙

 
もう少し知りたい人のための 「ソフィーの世界」 哲学ガイド

もう少し知りたい人のための 「ソフィーの世界」 哲学ガイド

 

 ソフィーの世界は本当に名作小説だと思います。物語としても、哲学の入門としてもメッチャおすすめです。

 

超図解「21世紀の哲学」がわかる本

超図解「21世紀の哲学」がわかる本

 
いま世界の哲学者が考えていること

いま世界の哲学者が考えていること

 

 この二冊は最近の哲学者の動向を主題に、古くからの哲学も学べます。