ムチムチの地(無知無知の知)

人生について一度立ち止まって、考えられる場所にしていきたい。

GDPがマイナス!?でもそもそもGDPって…

GDP 年率-0.6% 9期ぶりマイナス | NHKニュース

昨日のニュースですがGDPが久々にマイナスらしいですねー

 

経済学部生としては一応意見を言語化しとこう!

という思いで今回は書きます笑

 

最初に、

そもそもGDPとはなんぞや?

って方(自分の復習のためですすみません)のためにもみんな大好きウィキペディアさんからの引用です。

 

国内総生産(こくないそうせいさん、英:Gross Domestic Product、GDP)は、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。

 

こう言われてもあんまピンとこないですね笑

簡単に言うと、日本でどんだけ金が使われたかの数字みたいな感じですかね(クソ雑)

 

でも、GDPは古いんじゃないかなって意見もありまして、僕自身もそう思ってます。その理由としては、

技術の発展を考慮してない

からです。

 

どういうことかと言いますと、GDPは先ほども言った通り、どんだけ金を使ったか、です。

つまり、技術が発展して費用が下がると、GDPも下がるんです!(なんてこった)

なんで極端な話、めちゃめちゃ技術が遅れてて、費用がかかりまくればGDPは上がるわけです。

 

生産性が低くて効率が悪い方がGDPで見ると好都合なんですよねー。いやぁこれはちょいとおかしい

 

実際にIT業界はめちゃくちゃ伸びてるイメージですが、GDP比で見ると25年前から変わってない

というのが現状みたいです(隷属なき道を参考)

 

それで言うとまさにウィキペディアとかは、今までの辞典を不要にしてGDPを下げた張本人と言えますね!

 

そもそもGDPは80年くらい前に考案されたもので、アップデートすべき時なんじゃないかなー

っていうのが僕の見解です。

 

金よりも健康とかサービスとか幸せを測れるようにしないとね

ってめっちゃ思います。

 

要するに、

GDPなんて気にすんな!そんなもんより自分の幸せを考えようぜ!

ってことで、マイナスだろうがあんま気にしなくていーんじゃないかなー(経済学部生としてはあかんのかも笑)

 

というのが僕の意見です。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます!!

 

↓この本の意見にめっちゃ影響されてます笑

隷属なき道 AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働

隷属なき道 AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働